説教集

※第三礼拝における説教の要旨を掲載しています。

*** 2006年6月 ***

聖霊降臨後第3主日・ホームカミング礼拝

2006年6月25日 北尾一郎(牧師)

土器のうつわに

サムエル上6:1-6  IIコリント4:7-18  マルコ2:23-28

■「人間は、考える葦である」という言葉は、だれでも知っている名言です。ところで、「人間」とは何かという質問に、あなたなら、どんな答えをなさいますか。また「キリスト者」とは何かという質問に対しては、どのように答えられますか。今日朗読された使徒パウロの手紙には、人間は「土器のうつわに、キリストの輝きという宝を入れている」-それがクリスチャンだ、と書かれています。上手い表現です。今風に言えば、人間は、「究極のアンバランス」(この上ない不均衡)ということです。一般の考え方としでは、「バランスが取れている」ことこそ大事です。「身分相応」という人生訓があります。「五木の子守歌」に、「よかしゃよかおび、よかきもん」という句がありますが、そのような“格差社会”の常識を、私は承認できません。しかし、これは人間同士の水平の関係です。 しかし人間にはもう一つ、「神と人間」という垂直の関係があります。私たち人間(アダム)は、どんなに立派に着飾っても、やがて土(アダマー)になっていく存在であり、まさに、ひと塊の“土くれ”にすぎません。(Amazing grace! how sweet the sound、 That saved a wretch like me!)

■聖書の時代には、粘土をろくろを回しながら器の形にし、うわぐすりをかけて釜で焼くか、そのまま焼く素焼きの器も作られていました。いずれにしても、「土器のうつわ」は壊れやすいものの代名詞であり、「人間」の本質を描くたとえでした。
 しかし、この“土くれ”には、とんでもない「宝」が納められている、とパウロは言うのです。その「宝」とは、「キリストの輝き」です。IIコリント4章4節には、「神の似姿であるキリストの栄光に関する福音の光」です。普通に考えると、「キリストの輝き」を納めるのにふさわしい器は、決して“土器”ではありません。むしろ、金の器か、プラチナの器ということになるでしょう。それなのに、神は、私たちのような「土器のうつわに」、「キリストの福音の光」を納めることを選ばれました。これが、「究極のアンバランス」でなくて、何でありましょうか。
 「クリスチャン」とは、牧師も信徒も、決して“完全無欠の人間”などではありません。「クリスチャン」とは、まさに「究極のアンバランス」そのものなのです。ですから、使徒パウロと同じように(IIコリント4章5節)、「私たちは自分を宣伝しているのではなく、主イエス・キリストを宣言しているのです」。

私たちは、四方から苦しめられても行き詰まらず、途方に暮れても失望せず、
虐げられても見捨てられず、打ち倒されても滅びない。

■「死ぬはずの人間」という土器に、「主イエスの復活の命」が宿っています。私たちの「外なる人」は衰えていくとしても、私たちの「内なる人」は日々新たにされていきます-これが「洗礼」の意味です。この「内なる人」は「キリストの福音の光」によって育てられます。そのために私たちは「礼拝」に集められます。「礼拝」を守るためにこそ「安息日」(休日)が設定されました。まさに、「安息日は、人のために定められた。人が安息日のためにあるのではない」と主イエスが言われた通りです。
 人間は自由でなければなりません。最も素晴らしい自由-それは礼拝を守る自由です。

最新の説教集へ

聖霊降臨後第2主日

2006年6月18日 北尾一郎(牧師)

グッドモーニング

ホセア2:16-22  2コリント3:1-6  マルコ2:18-22

「アコルの谷」を「希望の門」に
 今日の旧約聖書の日課はホセア書の2章です。預言者ホセアは、古代のイスラエルの民が、「エジプトの地から(パレスチナへ)上ってきた日」のことを忘れてしまったことを糾弾しています。イスラエルは、エジプトの王朝の圧政から、ヤハウェなる神によって解放された、という歴史の原点を忘れて、ほかの神(偶像バアル)に心を向けたイスラエルの背信を、言葉を極めて批判します。実に、彼らの現在の苦悩は、この背信の結果である、と言うのです。救いの道はただ一つ、まことの神に立ち帰ることである、と語るのです。
 ホセアは、出エジプトから40年後の「戦い」の時代の有名な故事を思い起こさせます。それが、「アコルの谷」の出来事です。「アコル」とは、「苦悩」という意味で、「災いをもたらす」ことを意味する「アーカル」という動詞に関係しています。その谷で起こったことは、神に属する戦利品を「私物化」した「アカン」の罪と罰でした。
 「アカン」とは「悩ます人」という意味でありますが、美しい上着一着と銀と金の延べ棒を自分のテントの中の地面の下に隠すという行為によって、神に反逆し、彼の家族だけでなく、実にイスラエルの民全体を悩ましました。ホセアは、当時の民族の問題の根本は、アカンの罪と同じこと、神への反逆にある、と警告したのです。
 それにもかかわらず、ホセアは預言します-「アコルの谷を希望の門として与えると主なる神は言われる」と。「その日が来れば」、神の憐れみによって、イスラエルのは神に立ち帰り、新しい朝を迎える、と。

花婿が一緒にいるのに、婚礼の客は断食できるだろうか
 話は飛躍しますが、今日の福音書は、「その日が来た」という良き知らせを高らかに宣言しています。イエスさまこそは、「来るべき神の国」の中心的存在であり、この約束の神の国は、今目の前におられるイエスさまにおいて、ある意味で実現している。それは終末において開かれると言われる神の国の婚宴が、花婿であるイエスさまが来られたことによって、実はもう始まっているのだ、というのです。
 婚宴で断食する人はいません。だから、洗礼者ヨハネの弟子たちは断食をしても、イエスさまの弟子たちは断食できない。主イエスの弟子たちは、新しい神の国の祝宴の中で席を与えられているのだから。それが、批判者に対するイエスさまの答えでありました。

今朝は、新しい朝 -グッドモーニング
 使徒パウロも、キリストの僕としての彼自身を「新しい契約に仕える資格」を神から与えられた者と規定しています。パウロも、「アコルの谷」から救われて「希望の門」に招かれた人間です。「教会の迫害者」が、「キリストの奴隷」となったのです。
 あなたや私は、どうでしょうか。人間であることの苦悩(アコル)の谷そのものを、神は希望の門として与えたもうのです。それはなぜでしょうか。あなたや私の苦悩を、ご自身の身に背負ってくださった主イエスが今、復活のキリストとして私たちと一緒にいてくださるからです。「花婿キリストが一緒におられる」-それが福音です。
 ですから、今朝も昨日とは違う"グッドモーニング"なのです。Good Morning!

最新の説教集へ

三位一体主日礼拝

2006年6月11日 小林恵理香(信徒)

人間の知恵によらず

イザヤ6:1-8  ローマ8:14-17  ヨハネ3:1-12

 3月末に行われた春の全国ティーンズキャンプで、「人生をやり直したい。」と思う人がいるかと尋ねたら、ほとんど全てのティーンズがそうだと答えました。ヨハネ福音書3章に登場するニコデモもそのような思いを抱いている人物の一人であったようです。
 ニコデモは、ファリサイ派の律法学者であり、ユダヤの最高議会の議員であったと紹介されています。ファリサイ派というのは、とても熱心に信仰生活をしていたグループで、律法を研究し、その通りに生活しようと努力していた人たちでした。当時の人々から宗教的な尊敬を集めていました。加えて、最高議会の議員であれば、政治的な力も、社会的な力もありました。周りから見れば、最高の地位にあり、申し分ない人生を送っているように思えたことでしょう。ニコデモは成功者の代表のような人です。
 そのニコデモがある夜イエスのもとを訪ねます。イエスが行う数々のしるしを見聞きして、その真相を確かめに来たのでしょうか。「わたしどもは、あなたが神のもとから来られた教師であることを知っています。」と言ってイエスに近づきます。イエスの名を信じた多くの人の一人として、イエスに声をかけるのです。
 ところが、イエスは、ニコデモが内に秘めていた悩みを見抜いて言われました。「人は、新たに生まれなければ、神の国を見ることはできない。」と。おそらく、ニコデモは、長年の努力や社会的な名誉を持ってしても、神の国に近づけないことに気付いていたのでしょう。それがニコデモの心の闇でした。イエスが神と共にあるらしいと思い、その秘訣を聞き出すためにイエスのところに来たのかもしれません。
 「新たに生まれなければ」とそんなに簡単に言ってくれるな、とニコデモは思ったに違いありません。聖書の専門家であったニコデモは、「新たに生まれる」ということが霊的な意味で語られていることを即座に悟ったであろうと思われます。「年をとった者が、どうして生まれることができましょう。もう一度母親の胎内に入って生まれることができるでしょうか。」というニコデモの問いは、ファリサイ派の一人として、年をとるまで律法に忠実に生きようとしてきて、未だに新しい命を得ることができないのだから、それこそ母の胎に入って物理的に生まれなおさなければ、すなわち人生をやり直さなければ、神の国を見ることができないのか、という絶望に満ちた言葉なのです。
 それに対して、イエス様は神の国に入るためには、水と霊とによって生まれることが必要だと語られました。しかも、その人の行いや身分、社会的な価値に関係なく、風が吹くように一方的にその恵みが与えられていると言うのです。
 それでもニコデモは「どうして、そんなことがありえましょうか」と言っています。今まで自分が努力し、周りの尊敬を集めてきただけに、新しい命を得るための根拠が自分の側にないことが受け入れがたかったのではないかと想像することができます。何かを求めてイエスのもとを訪れたのに、それまでの自分の知識や人生に固執して、イエスの言葉が受け入れられなかったのです。
 その後、ニコデモは二度、ヨハネ福音書に登場します。一度目は祭司長たちやファリサイ派の人々がイエスを捕らえようとしたときです。このとき、ニコデモはイエスを弁護するような発言をしています。二度目はイエスが十字架の死を遂げたときです。ニコデモは没薬と沈香を混ぜた物を持って、イエスの遺体のところに現れます。
 聖書には明確な記述がありませんが、この日のイエスの言葉がニコデモの中に留まり、十字架のもとへと導いたのではないかと思われます。そして、聖霊降臨の出来事によって「神は、その独り子をお与えになったほどに、世を愛された。独り子を信じる者が一人も滅びないで、永遠の命を得るためである。」という言葉のとおり、自分が新しい命を得ていることを悟ったのでしょう。
 私たちは自分の努力、知識や社会的な地位によっては新しい命を得ることは出来ません。いくら自分自身に目を向けても、そこには「やり直したい」自分の姿があるだけです。預言者イザヤがそうであったように、私たちも、聖なる神の臨在の前に「災いだ。わたしは滅ぼされる。わたしは汚れた唇の者。」と叫ぶしかありません。
 だから、私たちに新しい命を得させるために、キリストが私たちのために十字架にかかってくださいました。人の行いによってではなく、神の働きによって私たちのもとに救いがもたらされたのです。私たちはキリストによって新しい命を生きるのです。聖霊によって私たちはそれを知ることが出来ます。ニコデモの姿は、また私たちの姿でもあります。
 「風は思いのままに吹く。」と主は言われました。ギリシャ語で、風と霊は同じ単語によって表されるそうです。誰のところにも風が吹くように、聖霊は私たち全ての人のもとに訪れます。
 預言者イザヤは、セラフィムが聖壇から取った炭火によって、咎を取り去られ、罪が赦されたとき、主の御声を聞きました。その言葉は、「誰を遣わすべきか。誰が我々に代わって行くだろうか。」という問いでした。主によって新しい命を与えられた私たちも、自分たちに向けられた主の御声を聞き取りたいと思うのです。そして、風に押し出されて、歩んでいきたいと思うのです。
 聖霊が私たちのもとに吹いてきて、真理を受け入れさせてくださいますように。キリストの十字架と復活の意味を悟らせてくださいますように。神と私たちの間を取り持ち、子どもが親に甘えるように、父なる神に呼びかけさせてくださいますように。キリストと共に神の国を相続するものとしてくださいますように。

最新の説教集へ

聖霊降臨祭(ペンテコステ)

2006年6月4日 松岡俊一郎(牧師)

ことばの軽さと生きる実感のなさ

エゼキエル37:1-14  使徒2:1-12  ヨハネ15:26-16:4a

 こんな式を作ってみました。

「出生率の低下」+「核家族化の定着」=こどもの世界がなくなる。

 「出生率の低下」に歯止めがかかりません。子どもが少なくなる一方です。この式がもし正しいとするならば、どうなるか、子どもが大人の世界に吸収されて行きます。子どもだけの世界が少なくなる、あるいは小さくなり、なくなるのです。そしてそれは既に訪れていると思います。最近のように子どもが被害に遭う事件が多発すると、親は子どもを守るために家の外に出そうとしませんから、これに拍車がかかります。かろうじて保育園や幼稚園、小学校が子どもの世界を確保していますが、それ以外の場所では、子どもは両親と過ごすか(これも少なくなっていますが)、ゲームを相手に時間を過ごすしかないのです。子ども同士が過ごす時間が少なくなるとどうなるのか。子どもとしての会話、子どもとしての発想や考えが貧しくなると思うのです。
 この傾向が強くなると何が起きるでしょうか。言葉が軽く用いられるようになります。言葉にはその意味だけでなく、深さがあります。子どもが大人びた言葉を意味は正しく使っても、大人が持つような経験に裏打ちされた深さをもって話せるはずはありません。言葉に深さがなくなると、それは言葉だけでなく、その言葉を使う人自身が、やがては深みを見つけることが出来なくなると思うのです。
 「ニート」と呼ばれる仕事をしない若者が増えています。仕事だけが人生の目的であるわけではないので、仕事をしない人だけを問題にするべきではありません。むしろ彼らは、生きることへの目的を見出せないでいる、生きている実感を感じることが出来ないでいるといえるのではないでしょうか。このことは最初に取り上げた子どもの世界がなくなり、大人の世界で、軽い言葉の中で成長していることと無関係ではないと思えるのです。不正確で申し訳ないのですが、公共広告機構がテレビでスポットで流している言葉に、「命が大切だと何万回言われるより、あなたが大切だと一度いわれるほうがいい」というようなものがありました。今は言葉より、自分が生きている意味と実感を探している時代なのではないでしょうか。
 今日は聖霊降臨祭です。イエス様の弟子たちに聖霊が降り、そのことによって福音が世界の人々に伝えられるようになったことを祝う日です。この聖霊降臨の出来事は、現象的に見ると、「炎のような舌が分かれ分れに現れ、一人一人の上にとどまった」という摩訶不思議な出来事です。
 聖霊降臨のキーワードは「ことば」です。使徒言行録の聖霊降臨の記事を見ると、聖霊が降った後、弟子たちは様々な国の言葉で話し始めました。聖霊降臨は彼らが予想もしない仕方で、彼らを福音を証しする者へと変えていったのです。
 聖書がいう言葉は、単なる通信手段、記号的なものではありません。ヨハネ福音書の最初にあるように「ことばの内に命があった」といわれるほどの「ことば」です。ヨハネ福音書の冒頭で使っている「ことば」はキリストと深く結びついているのですが、それにしても「ことば」には命が宿っており、命を生み出すものです。イエス様の死によって死んだもののようになり、復活の主に出会っても家から出ることが出来ないでいた弟子たちが、聖霊降臨によって生きたものとして外に出て行くのです。
 この聖霊による命の再生を実に見事に表現しているのが今日の旧約聖書の日課であるエゼキエル書です。大変グロテスクな情景を描いていますが、しかし意味はそれ以上に衝撃的です。37章4節~6節
 「枯れた骨」、まさに生きる実感を見失っている私たち。そこに神様のことばが語られ、息が吹き入れられ、聖霊が与えられ、生きたものになるのです。聖霊降臨は人を生かす出来事です。すべての人に聖霊の神様の働きがありますように。

最新の説教集へ