説教集

※第三礼拝における説教の要旨を掲載しています。

*** 2005年8月 ***

聖霊降臨後第15主日

2005年8月28日 北尾一郎(牧師)

静かにささやく声を

列王記上19:1-21  ローマ11:13-24  マタイ14:22-33

1.「湖の上を歩く」
 今日の福音書の箇所には、「湖の上を歩く」というショッキングな題がついています。そんなことが…、と思われるかもしれませんが、ここには深い意味がありますから、一息入れて、これからお話することに、あなたの耳を傾けてください。
 このエピソードは、まずマルコ福音書に記録されました(6:45-52) 。そこで報告されていることは、マタイ福音書の14:22-27節に書かれている通りです。主イエスは、その日、独りになる時間を確保されました。そのために、弟子たちを「強いて舟に乗せ、向こう岸へ先行させられます。また、あの「五千人」の群衆を解散させられます。そのようにして、やっとのことで「独りになる」ことができたのです。

 福音書は、その時の主イエスがどのような思いを持っておられたかを書いていません。それは当然です。しかし、行間を読むなら、一つのことを推測することができるように思います。それは、あの「五千人」の群衆のことです。あの「給食」という奇跡的な事件は、主イエスのミッションがある種の成功を収めていることを意味しています。しかし、この群衆は、飼い主のいない羊のように打ちひしがれた群れであったと同時に、マルコ福音書によれば、100人、50人ずつまとまってスロープに座ったと言われています。それは、まかり間違えば、ナザレのイエスという旗を掲げる革命軍になりかねない群衆であったとも考えられます。
 もし、事態がそのように展開するとしたら、主イエスのミッションは、その本来の目的から、決定的に逸れてしまうことになります。主イエスが、ご自分を派遣された父なる神の御心を確認するために、神の「静かにささやく声」を聴こうとされたのは、実に当然のことであったと思われます。

2.静かにささやく声
 そう言えば、旧約時代の代表的な預言者であるエリヤも、同じような経験をしました。それが、今日の第一の日課の中で語られています。エリヤは、紀元前9世紀の北イスラエル王国に神によって派遣されました。時の王アハブは、フェニキアの王家と政略結婚をし、王女イゼベルを妻に迎えました。「イゼベル」とは「ゼベルはどこにいますか」という意味です(「ゼベル」とはバアルの称号で、シリアやパレスティナで信奉されていた天候と豊穣の男神てあり、「ぬし」という意味)。アハブはサマリやにバアル神殿を建て、バアルを拝みました。これは、もはや看過できない事態であり、北イスラエル王国の運命を左右する問題でありました。そのため、神はエリヤ(「私の神はヤハウェ」という意味の名前)を派遣されたわけです。

 エリヤに委託られたミッションは、余りにも困難な仕事でした。カルメル山で、エリヤは独りで、バアルの預言者450人および女神アシェラの預言者400人を相手に対決し、勝利を収めますが、その後、エリヤは深いメランコリーに襲われます。それは、王妃イゼベルの脅迫がおもな原因だと思われますが、彼は「主よ、もう十分です。わたしの命を取ってください」と言うまでに落ち込みます。これは、神に忠実であればあるほど、そのミッションは困難を極めたということに、エリヤともあろう人が、ほとほと疲れたということを物語っています。いわば、エリヤの“バーンアウト”です。
 そのエリヤが、どのようにして立直ったのでしょうか。列王記上19章3~8節をごらんください。リフレッシュメント、まずは疲れを癒す食事でした。そして、神から派遣された「御使い」でした。(現代でも、そのような人と出会うことがあります。その「人」は「御使い」なのでは)。そして、何よりも「御使い」が傍に度重ねて来てくださったということが、エリヤを力づけました。四十日四十夜歩き続けて、エリヤは神の山ホレブ(=シナイ山)に着きます。洞穴で夜を過ごします。
 そしてその時、エリヤは神御自身との対話に導かれます。「祈り」というべきでしょう。神が問い、エリヤが答えます。「見よ、そのとき主が通り過ぎて行かれた」のでした。神との「出会い」です。しかし、それは、“ご対面”ではありません。むしろ、「神の御言葉」を“聴く”ことであります。

非常に激しい風が起こり、山を裂き、岩を砕いた。しかし、風の中に主はおられなかった。
風の後に地震が起こった。しかし、地震の中にも主はおられなかった。
地震の後に火が起こった。しかし、火の中にも主はおられなかった。
火の後に、静かにささやく声が聞こえた。

 エリヤも、主イエスと同様に、「静かにささやく声」に耳を傾けたのでした。これは、「細い静寂の声」という意味です。gentle breeze という翻訳もあります。古代の人々は、シナイ山の火山活動に見られるように、風や地震や火というような現象の中に、神の顕現を見ました。その意味で、このエリヤの経験は、実に革命的であります。神の声が「細い静寂の声」であるとするならば、それは、人間の内面深くに聞こえるものです。しかし自分の声でもなく、人の声でもありません。このことは、私たちが考えている以上に、神との関係にとって、重要なことであります。
 使徒パウロも、今日の第二の日課で、「思い上がってはなりません。むしろ恐れなさい」(ローマ11:20)、と言います。また「実に、信仰は聞くことにより、しかも、キリストの言葉を聞くことによって始まるのです」(ローマ10:17)、と語っています。

3.「安心しなさい。わたしだ。恐れることはない」
 さて、ガリラヤの湖で逆風に悩まされていた弟子たちは、夜が明けるころ、湖の上を歩いてこられた主イエスを見て、「幽霊だ」と言っておびえます。それは当然のことでしょう。しかし、そのとき、主イエスの「静かにささやく声」が聞こえたのです――「安心しなさい。わたしだ。恐れることはない」。
 マタイ福音書だけに報告されていることが、28節以下に書かれています。それは、使徒ペトロの個人的な“体験レポート”です。ペトロは、勇敢にも主に願って水の上を歩きます。その時、強い風に気がついて怖くなります。そして、沈みかけます。しかし、キリストが共におられます。すぐに手を伸ばして捕まえてくださいます。そして、ペトロは、主の「静かにささやく声」を聞くのです。
 あの弟子たちと同じように、今日ここにいる私たちも、「静かにささやく声」を聞くのです。それは、吹きすざぶ“嵐”の最中、あるいはその後のことであります。

最新の説教集へ

平和主日

2005年8月7日 関口昌弘

「ガレキの天使」

ミカ4:1~5  エフェソ2:13~18  ヨハネ15:9~12

1.今年は、広島・長崎の被爆から60年の節目に当たりいろいろな行事があります。
 日本福音ルーテル教会が平和主日を設定したのは、平和な世界だからではなく、平和を望み・「ふたたび過ちをおかしません」と平和を誓うためだと思います。私は、21世紀に入るとき、21世紀は大きな世界戦争はないだろうと漠然と思いを抱きました。しかし、2001年9月11日同時多発テロにより無残に打ち破られました。キリスト教会は、報復の連鎖が起こらないようにと願いましたがこれも無残に打ち破られました。国連は、今も機能してないように見えます。ある国は、安全保障理事会に入って何をしようと言うのでしょうか。確固たる平和への意思がなければなりません。
 イスラム教原理主義、ユダヤ教原理主義、キリスト教原理主義、大国主義は、平和をもたらさない。平和どころか格差や貧困や飢餓や病までもたらしてしまいます。悪の連鎖。
 大国の援助という名の搾取、最近のテレビ番組でも苦しい思いばかりです。南アフリカのツツ大司教の叫び、モザンビークの内戦・少年兵など、問題は枚挙にいとまがない。

ツツ司教の叫び
 南アフリカのアパルトヘイトを解決する時、マンデラ大統領初めツツ司教は、真実和解委員会(TRC)を作りました。これは、一言で言えば、アパルトヘイトの大罪に関与した者を裁くのではなく、真実を告白することで免責し国民融和を進めようとの試みであり、その後の紛争解決における国際社会の模範となった実験的試みでもあります。いわば、黒人は報復の連鎖を止め白人を赦したのです。
 現在、南アフリカやアフリカ諸国、アジアでもエイズの急増が大問題です。エイズ薬はアメリカで開発されました。それは高価です。そこでエイズコピー薬が開発されました。これなら行けると南アフリカは、国内無料配布を決めました。しかし、特許権が問題です。WTOは、命か特許かという問題で知的財産権は認める、しかしエイズコピー薬は各国が緊急と認めれば、特例として認めました。(インドなどはその恩恵に浴している。)  しかし、アメリカは猛反対、南アと自由貿易協定(FTA)を結びました。(2003年) 内容は、アメリカは南アに対して関税廃止・市場開放をする(ここまでは素晴らしい)一方で、知的財産権を守らせる、というものです。結果、一握りの南ア人は恩恵に浴し貧富の差はますます酷くなる。知的財産権を認めたためにエイズ薬(コピー薬)は作ることも買うことも出来なくなった。毎年40万人もエイズで死んでゆく。
ツツ司教は叫びます。大国がこういうことを続けるなら、格差は消えず、真実和解委員会はおさらばしなければならない。いまや世界は、グローバル化とういゲームをやっている、しかしそのルールは強い者が決めている。本当は一つの家族を作ることなのに。

2.ミカ4:1~5に聞く(イザヤ2:2~4に殆ど同じ記述がある)
 預言者ミカは、前8世紀のユダの預言者で、庶民階級を代表して,その圧迫者である支配階級の贅沢な暮らし、不義、偶像礼拝などを責めた。イザヤも同時代の預言者であり、イスラエルの貴族の出身で高い政治的見識を持っていた。
 ミカは、1~3章でイスラエル(前722年)とユダ(前586年)の滅亡をの預言する。しかし、4章では、、突然「終わりの日の約束」として、神の啓示が述べられます。「主の教えはシオンから、御言葉はエルサレムから出る。主は多くの民の争いを裁き、はるか遠くまでも、強い国々を戒められる。彼らは剣を打ち直して鋤とし、槍を打ち直して鎌とする。国は国に向かって剣を上げず、もはや戦うことを学ばない。」
 この啓示の御言葉は、あまりにも現実との落差は大きい、大きすぎる。これは超理想なのだろうか?
 御言葉を学ぶ人にとって、御言葉こそすべての人々に歩むべき道を示すものであり、それは理想ではなく神の与える現実となるです。次のことがそれを証ししています。

3.瓦礫の天使 (超理想でなく啓示の実現)
(1)リベリアの内戦、薬きょうから作られた十字架は、平和への祈り・訴えです。
(2)瓦礫の天使
ベツレヘム・クリスマス教会ミトリ・ラヘブ牧師が所長のベツレヘム国際センターで作られたもの。(ラヘブ師はパレスチナのアラブ人、故郷はベツレヘム)
 8月3日東京教会で来日記念講演会がありました。破壊の現場からの報告は感動を与えます。02年4月2日イスラエル軍は戦車と軍隊で突然攻めてきてエルサレムの町を2時間半で瓦礫の山にしました。ラヘブ師は40~50日間教会の事務所に閉じ込められました。教会員で女流芸術家サマーさんは、ガラスを集めて天使と蝶ちょと鳩を作りました。平和・希望・復活の印として。ガラスの破片は、破壊と絶望のシンボルとなりました。その後、世界中からガラスの天使の注文が来ました。サマーさん夫婦は、パレスチナからの大使になりました。絶望から希望の大使、キリストの大使になりました。
 このエピソードを基に立野泰博牧師が「ガラスの天使」という絵本を書いています。

4.エフェソ2:13~18 ヨハネ15:9~12 に学ぶ
 民族の違い、宗教の違い、異邦人とキリスト者、これらの違いを越えてひとつにすること、パウロは言います。

実に、キリストは私たちの平和であります。
こうしてキリストは、双方を御自分において一人の新しい人に作り上げて平和を実現し、十字架を通して、両者を一つの体として神と和解させ、十字架によって敵意を滅ぼされた。

ヨハネ15章のメッセージ
 13章31~16章は、告別説教と言われています。その中心は、新しい掟、これは、新 約の新しい教えと言っても良いと思います。
 「わたしがあなたがたを愛したように、互いに愛し合いなさい。これがわたしの掟である。友のために自分の命を捨てること、これ以上大きな愛はない。」
 友のために命を捨てる。これは二つの解釈があるようです。一つは、文字通り友のために命を投げ出すこと。もう一つは、イエスさまご自身の十字架を意味します。これこそほんとうの平和の基なのです。

最新の説教集へ